セフレをゲットしたいときに一番大事に考えて欲しいのは「相手をどれだけ思いやれるか」という部分。

エッチを楽しむだけの友達を募集するコンテンツが人気ですが、その場合に必要なのは文章力です。下手な文章を書いていると、何を言いたいのか分からず先に進みません。美文を書く必要はありませんが、一般的な表現力は必要でしょう。一番大事に考えて欲しいのは「相手をどれだけ思いやれるか」という部分。

流れるような文章であっても、相手の心に響かず思いやりがないコメントでは返事をもらえません。心がこもっていないメールが来ても、すぐにゴミ箱に捨てられるだけ。

幼い文章であっても一生懸命熱意を込めているものは、心がこもっているから人の心を打ちます。返事をもらえる確率は高いでしょう。しかし、稚拙で誤字脱字があるものはイメージが悪すぎ。
頭の悪い人物とセックスしたいとは誰も思いません。

送信する場合は、キチンと校正しましょう。ワードの校正機能を使うのもありでしょう。エッチなことをするのですから、性癖とかプレイスタイルに関しての話題は出すほうがいいです。相手もエッチを求めているのです。その相性を確認するのは大事です。

セックスフレンドをゲットするのは、モチベーションを下げることなく頑張れるかどうか?

性行為を楽しむ友達関係を作るのは、簡単ではなくて、それなりの時間と努力が必要になります。セックスフレンド募集コミュニティやアダルト系出会い系サイトに登録したからと言ってもすぐにできません。そんな幻想をイメージさせるようなキャッチフレーズに騙されてしまってはいえません。

エッチ友達を作る環境は提供してくれますが、ゲットするのはあなた自身です。何もしなければ果実を手に入れることは無理。まずはプロフィール欄をしっかりと充実させておいて、ファーストメールをバンバン送ること……これが大事です。

メールを開封してもらうにはタイトルの付け方も大事です。これは、「開封してくれるタイトルの付け方」みたいな内容の書籍をいくつか購入するといいです。ネットでも公開されてますが、ネットのテクニックは誰もが真似をします。書籍の方が効果はあります。

あくまでも読み手の相手の目線で決めるのがポイントです。メッセージやタイトルの付け方に慣れるまでは空振りが多いかもしれません。モチベーションを下げることなく頑張りましょう。

プロフィール=トリセツ

初対面の相手の第一印象は5秒で決まり、その情報の多くは視覚による情報だと言われています。
そのため初対面の場合は身なりを良くして笑顔で接する事で好印象を良くする事が可能です。
ですが出会い系サイトの初対面は、通常の初対面とは大きく異なります。

実際に出会っている訳ではないので、相手の事をプロフィールとメールでどんな相手か理解しなければいけません。
そのためイケメンで実物は凄く魅力的な人であっても、自分の事をどう説明すればいいのか分からないからとプロフィールは空欄ばかり、メールの内容も短文で不愛想だという人は、なかなか返信がこずにモテないと言えます。

プロフィールとは自分の事を相手に知ってもらう手段です。
だからこそプロフィール=トリセツだと考え、自分の取り扱い説明書を作成していきましょう。
トリセツとは独りよがりではいけません。

例えば趣味を紹介する時に、誰も知らないような趣味の世界の専門用語を使ってもその趣味に興味がない人には伝わりません。
それではトリセツとしては情報が不足しています。
もし興味がない人にでも自分がこんな人間であるという事が分かるように説明する必要があります。
ですが万人受けをするトリセツである必要はなく、一定数以上の人から受けたらそれで十分だとも言えます。

恋人とのセックスに不満

愛情があればセックスは必ずしも気持ちよくなれるという訳ではありません。
身体の相性や本人のテクニックの問題もあり、恋人とのセックスに不満を持っている女性も少なくないでしょう。
さすがにセックスの相性が悪い事を原因に別れるという人は少ないと思います。

ですがセックスの相性が悪いために、恋人以外の男性とセックスをしているという女性は案外多いのではないでしょうか?
なぜかというと、セフレサイトにはそのような女性が多く存在しているためです。

そのためセフレを作る男性は、少なくとも恋人よりもセックスで女性を満足させる必要があると言えます。
自分の性欲を満たす事ばかり考えていては、女性を満足させる事は出来ないでしょう。

そしてどうすれば女性を満足させる事が出来るのかというと、女性がセックスに求めるものとは、1人1人異なります。
そのため直接本人に聞いて確かめた方が確実だと言えます。

相手の要望に応えて、尚且つ自分の要望も満たせばお互いに満足出来るセックスをする事が出来るでしょう。
ただ満足のいくセックスでも何度かセックスをするうちに、マンネリ化して満足出来なくなってしまいます。
その場合は、相手をチェンジするか、もしくはセックスの内容をチェンジして、脱マンネリをはかるようにして下さい。

セフレ観の変化について

昔はセフレを作るなんてとんでもないと、セフレを作る人自体が特殊な性癖の持ち主のように考えられていました。
これはセックスとは愛情を確かめ合う手段であり、子供を作るための手段であるという考えが根付いていたためです。
しかし時代と伴にセックス観は変化していき、今ではセックスとは気持ちよくなるための手段と考える人が増えました。

そして気持ちよくなるための手段であれば、必ずしも相手は恋人や夫婦でなくてもいい訳です。
それどころか、恋人や夫婦とのセックスで気持ちよくなる事が出来ない場合は、別に相手を探す事もこの理屈であれば、おかしな事ではないのです。

もちろん世間体を考えれば、セックスとは気持ちよければそれでいいから恋人なんて不要、セフレがいれば十分と公言する事は出来ません。でも内心そう思う事は自由ですよね。

そして幸いな事に、ネットの普及に伴い匿名性のまま周囲の人に知られずにセフレを作る事が可能になっています。
ただし注意点としては、セックスとは気持ちよければそれでいいと軽い気持ちでセフレを作る人は少なくありません。
ですが不特定多数の相手とセックスをする事へのリスクはキチンと把握しておきましょう。

後悔とは後からするものですが、中には取り返しのつかない事が起こる可能性もあります。

セフレサイトは成功型がオススメ

カカオ掲示板で有料サイトを利用するのであれば、成功型を利用する事をオススメします。
カカオ掲示板が有料サイトと無料サイトが存在する事は知っていて、有料サイトにはポイント制と定額制がある事を知ってはいても、成功型については知らない人も多いのではないでしょうか?

成功型とは言葉通り、カカオ掲示板で無事セフレを作る事が出来て成功した場合に料金が発生するという仕組みです。
セフレを作る人の多くは、無駄にお金をかけずにセフレを作りたいと思っているはずです。
なのでセフレを作れない状況で、料金が発生し続ける事は勿体ない、損をしたと思ってしまうのです。

ですがセフレが作れば場合は、カカオ掲示板のおかげだし、セフレと無料でセックスが出来るわけだからホテル代を支払っても風俗よりも全然お得になるわけです。だからこそカカオ掲示板に料金を支払っても得をしたという気持ちの方が大きいのです。

セフレが作れない場合はお金は損をしないし、セフレが作れた場合はセフレという報酬があるためお金を払う事に対しても納得できる。
そんな理由で今カカオ掲示板では成功型のサイトに注目が集まっていると言えるでしょう。
ただし注意点としては、セフレが作れない場合お金は損をしていませんが、費やした時間は無駄になっていて、時間はお金で買う事が出来ないという事を考慮すれば、厳密にはやはり損をしている事になります。